くらしの情報館ウェブ

お世話になった方の葬儀は


葬儀の参列をする場合としない場合
トップ » 冠婚葬祭 » お世話になった方の葬儀は

Post

Owner Info

葬儀というお別れの儀式

生前、親交があり、またいろんな面でお世話になった人がこの世を去った際には、葬儀に参列するのは当たり前です。なので、遠方だからといって参加しないとうのは、遺族に対しての不信感も募らせます。さらに、どうしても参列ができない場合は、前もっての連絡とお悔みの言葉を述べるのも大切なことなのです。

人は、縁で繋がっています。それを断ち切るようなことはしないこと、手を合わせることがその人と遺族の今後のお付き合いに大きくかかわってきます。もし、葬儀に参列できない場合は弔電を打ち、その後お香典を渡しましょう。お線香を上げにいけるのであれば、別の日に上げに行く、これは大事なことです。

また、参列する場合は、きちんとした正装でいくことです。しかし礼服を持っていない人は、男性なら出来るだけ黒っぽい物かグレーなスーツに黒の腕章とネクタイをしましょう。女性は、黒い洋服であれば良いですが、派手なものでなく、きちんとしたスーツなどにすることです。黒のスカートかパンツ、上着はブレザーであれば大体大丈夫です。とにかく葬儀は、おしゃれ着で派手なものでなければ良いので工夫して着てください。数珠を持っていれば持っていきましょう。