くらしの情報館ウェブ

冠婚葬祭で大切なこととは


冠婚葬祭で知っておきたいこととはなにか
トップ » 冠婚葬祭

Post

Owner Info

冠婚葬祭の中でも身近な結婚記念日

冠婚葬祭というには馴染みがないかもしれませんが、結婚記念日もそうなのです。欧米ではほぼ一年ごとに名前が付けられていてお祝いをするのです。日本では25年の銀婚式と50年の金婚式がありますね。この節目の年には子供たちとともに食事をしたり、夫婦水入らずで旅行に出かけたりと思い出作りをされるご夫婦も多いとおもいます。元々キリスト教圏内では結婚記念日に揃ってミサに訪れる神聖な冠婚葬祭行事だったのですが、今では国を問わず夫婦がお互いに日頃の労をねぎらったり、いつもより少し贅沢に過ごしたりプレゼントをしたりというようになっていますね。

冠婚葬祭と結婚指輪の関わりについて

冠婚葬祭の中でも結婚は人生の一大イベントとなるでしょう。その際には結婚指輪を用意するとおもいますが、エンゲージと違い夫婦がペアで身に付けるものですし、長い時間を共にするものですので、飽きの来なくてシンプルなものが良いでしょう。また、最初はシンプルなリングでも女性のリングに一年ごとにルースをはめてくれるサービスを行なっているところもあります。夫婦としての歴史を重ねるごとに華やかになる粋なサービスですね。冠婚葬祭の中でとびきりお目出度い事に使う結婚指輪は簡単に買い換えたりしないものですから、慎重に選びましょう。

冠婚葬祭で表には見えない過酷な仕事内容

冠婚葬祭に携わる職業には、利用する側には分からない過酷な仕事内容があります。例えばホテルの披露宴では料理を出したり飲み物を出したりする給仕がありますが、一日に同じ会場で何組も催されることも珍しくありません。実はお客様のいない時間が一番忙しいのです。1組目が終了すれば次の組の入場時間になるまでの僅かな間に少しの無駄もなくてきぱきと段取りをこなしセッティングしなければいけません。しかも決して動きやすいとは言えないあの格好でです。その過酷な仕事内容があってこそ、我々は冠婚葬祭で快適に利用することが出来るのです。