くらしの情報館ウェブ

ネット通販会社の形態は様々です


ネット通販会社の多様化と市場について
トップ » ネット通販

Post

Owner Info

ネット通販で開業するためには

ネット通販は個人でも開業が出来る分野です。簡単な方法としては既存の大手サイトに業者として登録を行うことでしょう。登録時には審査もありますので誰でも絶対に開設出来るわけではありませんが、実店舗を持つよりも少ない初期投資で済むことは確実です。個人で運営する方法もありますが、大手サイト経由という安心感を顧客から得ることができますし、顧客が取り扱っている商品と同ジャンルのものを見ていたらオススメしてくれ、買ってくれる可能性も出てきます。手数料は取られますがネット通販の開業をするには手っ取り早く堅実な選択でしょう。

年々拡大するネット通販の市場規模

近年ネット通販の市場規模は拡大の一途を辿っています。以前は取材もNGだったような老舗も、新進気鋭のデザイナーの作品も、小さな街で人気のお菓子も、あらゆるものが手軽に買えるようになりました。日本の製品だけでなく海外の製品も簡単に購入できるようになりましたので、利便性は増すばかりですし、売り手側も海外の顧客にも受け入れられることを考慮した戦略を採るようにもなってきています。ネット通販の市場規模を押し上げたのはパソコンの普及と共に、大手の総合サイトの貢献も大きいでしょう。

ネット通販はクーリングオフ対象外

ネット通販で気を付けたいことの一つにクーリングオフ制度の対象外だということです。もちろん不良品などの商品自体に難があった場合には返品交換の対応は受けられるでしょうが、多くの店が到着後数日以内に連絡が必要という趣旨の文言を掲げているはずです。その文と一緒にお客様都合での返品交換は受けられませんというクーリングオフ対象外だという旨も記載されていると思いますので、ネット通販での注文時にはしっかり確認しておきましょう。ただし、一部のサイトには気に入らない場合には返品は無理でも交換はできますといった店舗もありますので、よく読みましょう。